新庄内科クリニック

富山県富山市荒川の内科、アレルギー科、呼吸器科の新庄内科クリニック

〒930-0982
富山県富山市荒川2-23-10
TEL 076-431-1253
▲Mobile Site
トップページ»  お知らせ

お知らせ

〇アレルギーの日(2月20日)・アレルギー週間(2月17日~2月23日)(2021/01/18)

1995年から日本アレルギー協会は、石坂公成先生がIgE抗体を発見し、米国のアレルギー学会で発表された2月20日(土)を「アレルギーの日」と制定し、その前後1週間を「アレルギー週間」として様々な活動を行っています。
 
石坂公成先生は免疫学の国際的権威で、米国免疫学会会長などの要職を歴任し、ガードナー国際賞など数ある賞を受賞されました。惜しいことに2018年7月に92歳で奥様の故郷山形で亡くなられました。
 
IgE抗体はスギ花粉などの異物(抗原)が体内に侵入すると作られ、アレルギー反応で重要なはたらきをする肥満細胞と結合する物質です。IgE抗体が肥満細胞と結合した状態で、再び侵入した抗原(スギ花粉など)と結合すると、肥満細胞からヒスタミン、セロトニンやロイコトリエンなどの化学物質が放出されます(図1)。これによって、喘息、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー反応が起きます。

図1

 毎年2月~4月に悩まされる人が多いスギ花粉症はアレルギー性鼻炎のひとつです。2009年3月~8月に約3万人の成人の気管支喘息患者を対象に実施された日本おける鼻炎の有病率調査{State of the Impact of Allergic Rhinitis on Asthma Control (SACRA)}の結果(Allergy 2011; 66: 1287-1295.)によれば、気管支喘息患者の67.3%が鼻炎を合併していることが示されました。また、鼻炎の合併が気管支喘息のコントロールに影響を及ぼし、かつQOL(生活の質)の低下につながっていることも明らかになりました。

 ARIA(Allergic Rhinitis and its Impact on Asthma)では、鼻腔(副鼻腔)と気管支は気道(airway)の基本的構成要素であり、鼻粘膜と気管支粘膜は類似点が多く、上気道と下気道のアレルギー性炎症(アレルギー性鼻炎と喘息)が密接に関連していることからone airway, one diseaseの概念を提唱しています。SACRA Surveyは、日本での全国規模の調査でそれを明らかにしました。

 これからスギ花粉症のシーズンがはじまります。富山県の令和3年のスギ花粉飛散量は、平年よりやや少なくなると予測され、2月~4月のシーズン中に平野部で1cm2当たり2,200個程度の見込みです。これは、花粉飛散の調査を開始した平成3年から令和元年までの平均値(3,126個/cm2)の70%程度で、令和2年(2,140個/cm2)と同程度の飛散量となります(富山県森林研究所より)(図2)。スギ花粉症は鼻炎と結膜炎による症状に悩まされるばかりでなく、喘息患者さんではコントロールが悪化して息切れ・セキ・喘鳴などの症状が出現するおそれがあります。

図2

 スギ花粉症による症状が強く日常生活にも支障をきたす患者さんには、「初期療法」がお奨めです。「初期療法」とは、花粉症であることがわかっている患者さんに対して、花粉が飛び始める1~2週間前から抗アレルギー薬の服用を開始する治療のことです。「初期療法」により症状が出る時期を遅らせ、花粉シーズン中のつらい症状を軽くし、また、症状の終了を早めることができます。

 新庄内科クリニックでは2014年よりスギ花粉症に対する減感作療法としてスギ花粉舌下薬を用いた舌下免疫療法を実施しています。スギ花粉舌下錠「シダキュア®」(図3)は舌下に投与する減感作療法薬であり、従来から施行されてきた皮下注射による減感作療法と比べ、注射による痛みもなく自宅で治療できるのが特徴です。

 気管支喘息やスギ花粉症に罹っていて、コントロールが不良の方はお気軽に新庄内科クリニックに受診してください。

図3

受付時間について

午後は17:45までに受付をお願いします。

○インフルエンザワクチン接種:10月1日(木)より開始(2020/09/28)

インフルエンザと新型コロナの両方にかかった場合、深刻な症状が出る可能性があることから、今秋のインフルエンザ予防接種は緊急性が高いと考えられます。
インフルエンザワクチン接種と新型コロナ感染による死亡率に関する非常に興味深い論文がJournal of Medical Virologyに発表されました。米国・コーネル大学の医師たちが6月4日、イタリアの高齢者を対象としたインフルエンザワクチン接種率と新型コロナ感染時の死亡率の調査で、両者の間に統計的に有意な相関が認められたと報告しました。インフルエンザワクチン接種率が40%の地域における新型コロナの死亡率は約15%でしたが、70%の地域では約6%まで低下していました(図)。
ワクチン接種率が高い地域は経済的に豊かで健康状態がよいといった、両者の関係は単なる交絡の可能性もありますが、インフルエンザワクチンが免疫力全体を賦活化し、インフルエンザだけでなく、新型コロナウイルスに対する免疫力を高めた可能性も考えられます。これは結核予防のために接種されるBCGが、新型コロナウイルスに有用ではないかとされる機序と同様です。この考え方は現段階では仮説にすぎず、結論を得るには今後の臨床研究の結果を待たれます。
 同様の内容の論文がブラジルからも報告されています。

 新庄内科クリニックでは10月1日(木)からインフルエンザワクチンの予防接種をはじめます。
 当クリニックでの接種対象者は3歳以上です。3歳未満の子供様は他院で接種をお願いします。

料金:1回接種につき3,500円です。

 新型コロナウイルスが流行している今年はなるべく早くインフルエンザワクチン接種を済ませましょう。
 

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関するお知らせ(2020/04/06)

現在、発生している新型コロナウイルス感染症に関しましては、当クリニックでは検査・診察等は行えません。
万が一に備え、感染が疑われる方につきましては、マスクの着用・手指消毒・他の患者さんからの隔離等、感染拡大防止の措置を講じさせていただきます。
【症状】
・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。
(解熱薬を飲み続けなければならないときを含みます)
・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。
※高齢者(原則70歳以上)や基礎疾患のある方は、上の状態が2日程度続く場合。

当クリニックでは新型コロナウイルス感染症のPCR検査(保険適用)を実施できません(2020/03/09)

患者さんへのお願い
発熱やせき・息切れ、強いだるさ(倦怠感)などの症状があり、新型コロナウイルスの感染が疑われる方は、直接受診する前に、必ず最寄りの帰国者・接触者相談センター(富山市保健所TEL:076-428-1152)に電話で相談し、指示を受けていただきますよう、よろしくお願いいたします。

「アレルギーポータル」のご紹介(2020/02/25)

平成26年にアレルギー疾患対策基本法が成立し、平成29年に大臣告示された基本指針に基づいてアレルギー疾患対策が進められています。

「アレルギーポータル」のご紹介(2020/02/25)

この基本指針の第二(2)ケで、「国は、関係学会と連携し、アレルギー疾患の病態、診断に必要な検査、薬剤の使用方法、アレルゲン免疫療法(減感作療法)を含む適切な治療方法、重症化予防や症状の軽減の適切な方法並びにアレルギー疾患に配慮した居住環境及び生活の仕方といった生活環境がアレルギー疾患に与える影響等に係る最新の知見に基づいた正しい情報を提供するためのウェブサイトの整備等を通じ、情報提供の充実を図る。」と示されています。そのため、厚生労働省と日本アレルギー学会とが連携し、平成30年10月に「アレルギーポータル」というウェブサイトを開設しました(https://allergyportal.jp/)。このウェブサイトは厚生労働省補助事業「アレルギー情報センター事業」の一環として日本アレルギー学会が運営しています。

インターネットに限らず雑誌や書籍などにもアレルギー疾患に関する膨大な情報があふれていますが、出所が不確かな情報、古い情報、間違った情報なども含まれています。その中から信頼できる適切な情報を選択するのは難しい状況にあります。

「アレルギーポータル」を活用することで、アレルギー疾患の予防・治療・管理に関する正しい最新の知識を身につけることが可能になります。

セキと胃食道逆流症(GERD)(2018/01/09)

最近、胃食道逆流症(GERD)が長引くセキの原因の一つであることが徐々に明らかになってきました。また、喘息(BA)や慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった慢性呼吸器疾患の患者さんでGERDを合併しているグループはGERDの合併のないグループに比べてセキと関連した症状スコア(LCQ)が悪いばかりでなく、COPDのコントロール状態も不良であることが分かってきました(図1)。

図1
セキと胃食道逆流症(GERD)(2018/01/09)

(Shirai T, et al. Real-world effect of gastroesophageal reflux disease on cough-related quality of life and disease status in asthma and COPD. Allergol Int 2015; 64: 79-83.)BA:気管支喘息;COPD:慢性閉塞性肺疾患;FSSG:Frequency Scale for Symptoms of GERD(GERDの症状スコア、いわゆるFスケール);LCQ:Leicester Cough Questionnaire(咳の症状スコア);ACT:Asthma Control Test(喘息症状スコア);CAT:COPD Assessment Test(COPD症状スコア)。FSSGとCATは症状が悪いほど点数が高い。LCQとACTは症状が悪いほど点数が低い。

図1の説明:喘息ではGERDの症状スコアが高いほどセキがでやすい(有意な負の相関を認める);COPDではGERDの症状スコアが高いほどセキがでやすく(有意な負の相関を認める)、GERDの症状スコアが高いほどCOPDによる症状が強い(有意な正の相関を認める)。

セキと胃食道逆流症(GERD)については新庄内科だより(平成30年1月号)
にみなさまに有益な情報をお届けします。参考にしてください。

禁煙外来

新庄内科クリニックでは、予約制で禁煙外来を行っています。時間帯は診療日の(1)(11:00-11:30)および(2)(11:30-12:00)の2枠です。禁煙外来を予約される際は、ニコチン依存症のスクリーニングテスト(TDS)をお試しの上、直接お電話(076-431-1253)をください。